公開履歴
カプセルと葉と瓶

妊娠を避けるために一般的な避妊薬は低用量ピルですが、低用量ピルは毎日定時に正しい服用方法で飲み続けないと妊娠回避に失敗するリスクが高くなります。特に飲み忘れは、失敗リスクを増加させるものです。

ピルは一般的にホルモンバランスを整えるものとして避妊以外でも用いられますが、妊娠回避の目的で使う場合にはより正しい服用方法を守る必要があります。飲み忘れがないようにカレンダーにメモをしたり、管理通知アプリを使用したりするなど工夫しましょう。

正しい飲み方はインターネットで検索できる

ピルに関する情報は、インターネットでも調べることができます。服用方法から飲み忘れた時の対処法、成分・製造販売会社・値段・副作用についてなど大方全ての情報をインターネットだけで調べることが可能です。専門的に細かく調べたい場合も、研究に関する文献や論文なども検索をかけることで見つけることができます。

それら研究に関する情報を、言い換えて記載したまとめサイトもあります。文献や論文では少々難しい表現や専門用語が多くなるため、できる限り簡易的にまとめてあるサイトはとても参考になります。堅苦しい言葉遣いを避けながらも粗雑な語調にならないようにしているサイトもあるため、普段読書などをしない方でも比較的に読みやすいと言えます。

調べたいピルの種類が明白な場合は、その名称を入力して検索にかければたくさんの結果が出てきます。現在一般的に使用されているピルは、認可されていから何年か経過していたり、昔からあった薬剤のジェネリックだったりします。そのため、世の中に出回っている情報量はとても多いです。調べてみれば分かることもありますので、自主的に情報収集してみましょう。

ピルは、正しい用法で使わなければ意味がないものです。薬剤としての管理方法も重要ですが、効果のためには服用方法を正しいものにする必要があります。また、日本の医療界では副作用の懸念が強くされる薬剤の分野です。実際にはハイリスク者でなければ大きな副作用が出ることはありませんが、過剰投与すれば問題は起こり得ます。

つまり、少なければ効果は薄くなり、多ければ身体に負担がかかる可能性があるものです。正しい服用方法は数多くの研究によって定められたものですので、それさえ守っていれば基本的に効果も十分・副作用も少ないといったことが実現できます。

薬の使い方は、医師や薬剤師がどれほど厳重に伝えても、結局は使用する当人の問題になります。当人が正しい使い方を守ろうとしなければ、身体への普段や効果の減少は必ず起きると言っても過言ではありません。そういったことにならないためにも、インターネットで自主的に調べた方が良いと言われています。

しかし、インターネットで情報収集するにあたり気を付けたいことがあります。それは、ガセネタです。インターネットの中には、いわゆるガセネタ(真実ではなく根拠のない嘘の情報)も多数存在しています。医薬関係の情報の場合は、検索結果の上部に上がるのは大方実際にあった研究や文献に基づくものが多いのですが、全てが誤りのないものかは定かではありません。

医療関係者で日頃から専門的に情報収集して勉強している方であれば真偽を見極めることはできますが、そうでない人からすれば嘘と真実を区別するのは大変困難なことだと言えます。そこで活用したいのは、医師監修の記事・クリニックや協会のサイトです。

現医師が記事やコラムを作成し、誰でも見られるように掲載しているサイトもあります。専門家による善良な情報発信であるため、とても参考になるでしょう。しかし医師も様々ですので、個人の見解が入ることもあります。同じ話題でも医師により見解・勧めること・提案する対処法が違い、知識量や専門用語の説明をする優しさなどが異なります。

そのため、合う・合わない記事があると言えます。専門的な分野の話で知りたいことがある時は、そのことについて記載された様々な記事を参考にしてみましょう。検索結果の上部に出てきた一つだけではなく、タイトルや少しだけ見える本文のところなどを見て、調べたい内容に合っていそうなサイトを見てみましょう。

今の時代、あらゆる分野でインターネット情報に踊らされている方はたくさんいると言われています。特に芸能人に関することが多いようですが、医学に関することでも気を付けなければなりません。特に避妊方法に関しては、軽率な嘘を振りまいている方もいます。また、昔に広まったガセネタを未だ信じている方も少なからずいます。

インターネットで情報収集する時には、確かな情報元により書かれている記事などを選ぶよう心がけてください。避妊薬だけでなく、全ての医薬品、あらゆる分野のことでも同じような心がけが必要です。健康や妊娠に関することは誤りがあった時に取り返しのつかない事態になることも十分あり得ますので、浅はかに信じず、信用性のある情報を選んで学習することが大事なことになります。

記事一覧
ピルを飲むと不妊症になりやすいというのはガセ

ピルで不妊症になることはありません。避妊薬は一時的に妊娠を妨げるものであり、生殖に必要な体内の女性機...

2020年05月18日
ピル前提の性行為を迫る男性とはすぐ別れよう

ピルによる避妊はコンドームよりも優れた効果を期待できるものですが、交際中でもピル前提で性行為を迫る男...

2020年04月22日
ピルは外国ではメジャーな避妊方法です

日本では避妊法として浸透率の低いピルですが、外国では至ってメジャーな方法となっています。外国の中でも...

2020年03月27日
避妊失敗に備えてアイピルを常備しよう

製薬会社Ciplaが提供するアイピルは、レボノルゲストレルを主成分とする緊急避妊薬(モーニングアフタ...

2020年02月26日
ピルの副作用の悩みは超低用量ピルで解消できます

ピルはあらゆる女性特有の悩みを解決・緩和するものですが、初めての服用からしばらくの期間は軽度の副作用...

2020年02月22日
大人気の低用量ピル、トリキュラーを通販で入手する

バイエル薬品が提供するトリキュラーは、服用からの日数に合わせて投与成分量が3段階に変化する三相性低用...

2020年02月19日